税金滞納と商工ローンについて

3月 12, 2013 by

税金を滞納した場合について、最終的には給料振込口座から差し押さえになるらしいですね。30万円会社から振り込まれた分が0円。これでは生活も出来ない。それで借金して生活を送る事になるとすると、銀行では税金を滞納していると融資は難しいとの事。では商工ローンというのではどうでしょうか?
商工ローンとはノンバンクともいわれている中小企業対象融資専門金融機関とある。会社が倒産しかかっている企業に融資するローンの事らしい。内容はかなり悪質のようです。個人の生活資金の融資を受けるためのものではないようです。
ではやはり税金を滞納し給料を差し押さえられないようにするにはなるべく早めに滞納した分を分割で納める等、相談をして解決する方向に持って行った方が良いようです。無視をして放置していてもダメだという事ですね。でも銀行口座の差し押さえになった場合、生活資金がないわけですから、どうすれば良いのでしょうか?サラ金等は金利が異常に高く、返していけなくなるかも知れません。借金が膨れ上がり、どうにもならなくなったら自己破産すればいいと思うかもしれません。がそんなに簡単に借金が帳消しになるわけでもないようです。やはり払うべきものは払う義務が一生付きまとうみたいですね。そんな人は周りにも沢山います。その人たちは一体どうしたらそんなお金の悩みといいますか、義務や責任から逃れられるのでしょうか?初めからその為の能力を持ち合わせていなかったのではないでしょうか?そしてそこまでして取り立てた金を国の人たちは何に使うつもりなのでしょう。完全に崩壊状態ですね。世界中がもう借金まみれなのに。

read more

Related Posts

Tags

Share This

税金の滞納と商工ローン

2月 12, 2013 by

商工ローンは自分が会社を経営していないと、ちょっと縁のないローンですよね。でも、小さな会社を経営していると、商工ローンのお世話になることが多いです。商工ローンのポイントは、気軽に借りられること。中小企業は景気のあおりで資金繰りに厳しくなることがままありますから、そういう時に一時的に借りられるのが利点といえます。銀行から借りればいい、と思うかもしれませんが、銀行は審査に時間がかかります。また、我慢に我慢を重ねた結果、税金を滞納していたり、あるいはうっかり消費税などを忘れていたりした場合は、銀行は貸してくれません。なのでつい商工ローンに…ということになるのでしょう。しかし、商工ローンは金利が高いローンですから、できるだけ早く返さないと余計に台所事情が厳しいことになってしまいます。
商工ローンの金利については法的にも争われることがあるほど、ある種グレーゾーンと言える部分です。でも、現時点では違法ではありません。もし、税金の問題で銀行から借りられず、商工ローンを利用しているならば、まずは税金を思い切って払ってしまい、ローンの返済は弁護士と相談して行うほうが良いです。仮に、既に長い間、商工ローンを利用していて返済を続けている場合は、ことによると過払いになっていることもありますから、やはり弁護士に一度相談してみるのがよいでしょう。借りたものは返さなければなりませんが、返しすぎる必要はないのです。

read more

Related Posts

Tags

Share This

商工ローンと税金の微妙な関係

1月 12, 2013 by

商工ローンは、自営業者や中小規模の事業者に対して行う短期ローンのことを言います。簡単に言えば企業向けの消費者金融です。以前は、業者のCMがTVで頻繁に流れていたので、子供たちが口ずさむほど名前は日常的でした。そのため多くの事業者が借り入れに抵抗感がありませんでした。実際に借り入れ審査などは、銀行などに比べてハードルが低く、融資回答も即日、無担保OKもあります。しかし、世の中は甘くなく、利息については、利息制限法ギリギリ、場合によっては出資法の金利(利息制限法よりも上限が高い)で適用するところもあります。気が付けば、膨れ上がった債務と猛烈な取り立てに押しつぶされ、会社の終焉、状況によっては人生の終焉を迎えてしまう人が絶えません。社会問題になった本件は、最近ではメガバンクが商工ローンをサポートするようになり、一見商工ローンも優しくなったと勘違いしてしまいます。そんなことはありませんので注意したいところです。
2007年に神奈川県が自動車税の滞納分を、商工ローンの過払い金を差し押さえ、滞納整理を行いました。税金滞納者が法定利息以上の利息を払っていたため、その金利を差し押さえたのです。この時は、1000万円の滞納税金を整理した後、余剰の400万円分が債務者に戻されました。これだけ読むと、神奈川県は素晴らしいと思います。しかし、良く考えると税金を滞りなく払っていた商工ローン債務者については、行政は何も助けてくれないことになります。つまり、税金を後回しにしておいた方が、行政が助けてくれるというロジックにつながりかねません。これって本当にいいことなのでしょうか?

read more

Related Posts

Tags

Share This

税金の支払いには商工ローンを

12月 12, 2012 by

確定申告の時期になってくるとあわただしくなる個人事業主の方も多いですね。この時期の大きな出費といえば税金、所得税ですね。所得税が多いというのはその分利益が多いので大丈夫でも、忘れがちなのが自動車税。特に車両を多く使う方にとって台数が多ければ多いほど税金はたくさん払わなければいけませんね。払わないと当然使用することができないので仕事ができなくなります。利益が多かったとしてもその税金を今現在支払う現金を持っていない場合というのもありえることです。上げた請求書の分の売掛金がまだ手元に来ていないこともありますし、売上に対して入ってくるお金が少ない時期に税金の支払いが重なることもあります。そんな時にこそ活用したいのが商工ローンですね。
個人的な体験で言えば、わたくしの場合消費税だったのですが、前々年の売り上げが非常によくて1000万円を超えたのですがその後は売り上げも落ち着き利益も少なくなりました。そして利益が少なくなった年が消費税を払う年だったのです。当然手持ちの現金では苦しくなるので商工ローンを利用して現金を用意し、消費税を乗り切りました。私も消費税等の税金を忘れていたことですが、不意な支払いに商工ローンを利用する方は多いですね。
商工ローンはもともと事業者向けのローンなので税金に、その他の支払いに困ることがあったら利用するべきですね。金利の低いローンなので余所で借りて事業に反映させるよりはその分おとくです。税金の季節というのは支払いが重なりやすい時期でもあります。商工ローンを賢く利用してこの時期を乗り切りましょう。

read more

Related Posts

Tags

Share This

商工ローンの貸し倒れは税金から控除される。

11月 12, 2012 by

最近では商工ローンという言葉をテレビでも聞くことはありません。今から10年くらい前まではその取り立ての厳しさが世の中の批判を浴びた時期がありました。それに、貸出金利は高金利で貸出金の保全に関しても行き過ぎた部分がありました。いま、商工ローンの話を聞かないのは、深く静かに無具っているのか、それとも過払いなどで経営が厳しくなったのかいずれかではないでしょうか。貸出金の保全には万全を尽くすといったら聞こえはいいですが、貸出金の回収にすべての力を注いでその企業を再生させるという観点はほとんどありませんでした。一説によると、商工ローンの貸し倒れの確率は0.1%ぐらいでサラ金の0.5%をはるかに上回っています、つまり貸し倒れが少ないのです。これはやはり保全に万全を期すからだといえます。経営者を連帯保証人にする、これは商工ローンだけでなく銀行もやるので商工ローンを責めることはできません。親戚や兄弟など逃げるに逃げられないようにいくつもの保証人を取る。一般に商工ローンに企業が相談に行く時はほぼ最後の手段になるので、その保全策は現行より劣る場合が多いので一概に責めることはできませんが、しかし、問題があることも事実です。債務者フルだしの約束手形を取っておく。これも保全策の一つですが、これまでするかという気持ちです。ほとんどやくざの世界に思えます。そして、売掛金譲渡の約束をさせられるのです、これではその企業の再生など金融機関の目的の一つは完全に無視されるのです。このようなやり方であれば貸し倒れの確率は当然低くなります。しかし、最近は商工ローンもこれまでのやり方に自己批判も交えて生まれ変わったと言えるでしょう。貸金業法も変わり税金に関しても少しの変化があり、商工ローンもこれまでのやり方は通用しません。
これは金融機関共通ですが貸し倒れに資金は税金を支払う分から控除されるということになっています。このような税額控除は金融機関にとって有利な部分です。借りたお金は返済しなければならないのは当然ですが、今少し企業の再生という観点を持っていいのではないでしょうか。

read more

Related Posts

Tags

Share This

法人税は会社の「利益」にかかる税金です。

8月 19, 2012 by

法人税は会社の所得にかかる税金です。会社の所得とは、売上高から経費を差し引いた金額であり、利益とも言えます。あくまでも、利益に対する税金なので、会社がいくら多くの土地や機械などの不動産を所有していても、利益の出ていない会社には法人税はかかりません。また、どんなに売上が大きくても、それ以上に経費のかかっている赤字会社にも法人税はかかりません。驚くべきことに、日本の企業の70%以上が赤字会社であり、法人税を納めていません。この税収の減少が日本社会、とりわけ社会保障政策にダメージを与えています。また、営業の業績において利益が出ているからといって、安心とは言えないこともあります。それは「利益がある=お金がある」とはならないからです。例えば、売上が上がって利益が出ても、代金を回収できない、または回収した手形が不渡りになることになれば、数字上の利益はあっても、会社の金庫にはお金が無いということになります。これが、俗に言う「黒字倒産」の原因です。

read more

Related Posts

Tags

Share This

不動産に関わる税金のこと

7月 19, 2012 by

遺産相続で取得した不動産が土地の場合は、税金の相続税のもととなる金額は、実勢売買の金額ではなく、路線価方式と倍率方法式があり、そのどちらかで評価されるものです。どちらで評価されるかは、所在地によって決められているものです。家屋の場合の相続税のもととなる評価額は固定資産評価額となっています。所有していた土地の条件や、評価の仕方にもよって税額が大きく変わってくるようです。去年、亡くなった父親の相続の時には私たち子供が5人が相続人であったので、兄弟同士が非常にもめました。相続に詳しい弁護士をお願いして、相続税の税金に関して、たくさんのアドバイスもいただきました。不動産でも土地や家屋、駐車場、農地でしたから平等に分配するには難しすぎて、いまだ未解決の状態です。相続税のことも絡んでいるため、解決が出来ないでいます。一番の解決方法は土地などの不動産を取得する者は、お金に代えて相続するべきだとおもいます。

read more

Related Posts

Tags

Share This